心に強く訴えるストーリー

小さな男の子が母親をだまして仕事をサボらせ、結局彼女の命を救った – 今日の話

最初、マリアはなぜマヌエルがガソリンスタンドでの仕事を休ませてほしいと思ったのか理解できませんでした。しかし、すぐに、小さな男の子の本能について信じられないことが明らかになったニュースの一部が明らかになりました.

幼いマヌエルの日常生活で最も幸せな時間は、ママが学校から彼を迎えに行ってから、夕食後、マヌエルが再び一人で家を出るまでの間でした.



「会いたかったよ、ママ。今日はどうだった?」彼は、耳から耳へと広がる笑顔で尋ねました。

この数時間、母と息子は一瞬一瞬を大切にし、一日の出来事を細部まで語り合いました。彼女は彼の宿題を手伝い、彼は夕食の準備と洗濯物をたたむのを手伝いました。

マヌエルの父親が去って以来、マリアは 2 つの仕事をしていました。毎朝、彼女はウィルキンズ病院で家事の仕事をしていました。そして毎晩、彼女は近所のガソリンスタンドの店員として墓地のシフトで働いていました。



マリアは毎晩、5 歳の子供を置いて 1 人で眠らなければならないことに心を痛めていました。隣に一人で住んでいたフレンドリーな女性は、彼女がいない間、彼を見に来ましたが、マリアはそれがマヌエルにとってどれほど孤独だったに違いないかを知っていました.彼女が真夜中過ぎに戻ってくると、マヌエルは毛布から片足を突き出し、床やナイトスタンドに絵本を置いてぐっすり眠っていました。

  マリアが家に帰る前に、マヌエルは眠りにつくでしょう。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアが家に帰る前に、マヌエルは眠りにつくでしょう。 | |出典:ゲッティイメージズ

夜勤はますます難しくなり、特にパンがオーブンに入っていました。しかし、彼女がもう 1 か月も乗り切ることができれば、事態は好転するでしょう。



「すぐに良くなるよ、ベイビー。ママはずっと君の周りをうろうろしているよ。」

マリアは、数週間後に始まる私立診療所で新しい仕事を見つけました。それは、彼女とマヌエルが街の別の場所に引っ越さなければならないことを意味していました。しかし、マリアが副業をやめられるほどの高給でした。

ガソリンスタンドでの最後の数週間は、これまで以上に厳しいものでした。マリアは、余分な時間を割いて、彼女の後継者を訓練するように求められていました。彼女は妊娠後期の痛みにさえ取り組んでいました。

マリアは、雇用主の前で、さらに重要なことに、マヌエルの前で勇敢な顔をするために最善を尽くしました.

彼女は、彼が彼女の声や気分のわずかな変化に気付く敏感な少年であることを知っていました.人生が彼女を突き抜けたすべての暗闇の中で、マヌエルは光と幸福の唯一の絶え間ない源でした.

  マリアが気分が落ち込んだときはいつでも、マヌエルは彼女を元気づけました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアが気分が落ち込むたびに、マヌエルは彼女を元気づけました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マヌエルは 5 歳児の体の古い魂でした。同年代の少年にしては意外なほど気配りがあり、誇らしげに母親の自慢をしているのを聞いたことのない友人がいた。

「彼女は全世界で最高のママです。彼女は全世界で最高のパパでもあります!」

マヌエルは、妹が生まれることを知ったとき、世界のトップでした。それ以来、彼は母親のことを特別に気遣うようになりました。マリアが眠りにつくまで、彼は毎日午後彼女の足をマッサージしていました。マヌエルはまた、重すぎて拾えないときを除いて、毎日ゴミを出していました。

そして、マリアと一緒に歩くときはいつも手を握り、一歩も離さない。

彼は、彼と彼の妹、そして彼のママが始まろうとしている新しい生活にわくわくしていました。それで、毎晩ドアで彼女を止めたいと思っていたにもかかわらず、マヌエルは彼の顔に笑顔を浮かべてマリアに別れを告げた.

マヌエルが彼女を仕事に行かせられなかったこの夜を除いて.

論理的に説明できない場合でも、直感に従うことが賢明な場合があります。

恋しくなるだけでなく、マリアを止めろと言う不可解な声が頭の中に響いた。

  マヌエルはマリアのことを本当に心配していました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マヌエルはマリアのことを本当に心配していました。 | |出典:ゲッティイメージズ

その夜、何かがうまくいかないように感じました.マヌエルはそれを説明できませんでしたが、危険を冒さずに母親を守りたいと思っていました.

マリアはソファで休んでいた。さらに20分後、彼女は起き上がって夕食の準備をしました。

「ママ、疲れたみたいだね。ガソリンスタンドで一晩休んだら?」

マリアはマヌエルの気遣いに心を打たれました。 「私は本当にできません、赤ちゃん。その上、私は大丈夫です。ちょっと頭痛がするだけです。それだけです。」

「でもママ…あなたはまだ夕食を作っていないのよ。今夜は大好きなラザニアが食べたいの。」マヌエルは別の言い訳を試みました。

  マヌエルは言い訳を考え出そうとしていた'd stop Maria from going to work. | Source: Getty Images 

マヌエルは、マリアが仕事に行くのを止める言い訳を考え出そうとしていました。 | |出典:ゲッティイメージズ

「ラザニアか。まぁまぁ。時間はある。今から始めれば、ギリギリ間に合う……」

マリアはソファから立ち上がり、ゆっくりとキッチンへと向かった。

マヌエルは、母親の休息時間を中断し、より多くの仕事を与えたことに深い後悔を感じました。

「いいえ、ママ。大丈夫です。スープを作るだけでいいのです。」

今、マリアは心配していました。 「スープ?スープが嫌いなの。どうしたのマニー?気分が悪いの?」

それは、マヌエルがうまくいくと信じていた言い訳でした。 「何も言いたくないのですが、熱っぽくて少し弱っています。」

マリアの心は溶けました。どうしてこれを見逃したのですか?彼女はすぐにマヌエルを追加の毛布で包み込み、温かい食事を作り、ガソリンスタンドで上司に電話しました.

  マリアは仕事に行かないことに決め、上司に知らせました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアは仕事に行かないことに決め、上司に知らせました。 | |出典:ゲッティイメージズ

会話は簡単なものではありませんでした。マリアはついに足を下ろし、こう言いました。

「余分な日は喜んで働きます。しかし、今日は来ません。息子のためにここにいる必要があります。それは交渉の余地がありません。」

マヌエルは一晩中、絶え間ない罪悪感を感じていました。しかし、もし母親が仕事に行っていたら、何かがひどく悪くなっていただろうという強い気持ちを彼はまだ揺るがすことができませんでした.

どんよりした天気が劇的に変わったとき、母と息子はテレビを見ていました。夜の静けさは、激しい雷鳴と繰り返される稲妻によって破られました。マヌエルは怖くなり、マリアを強く抱きしめました。

突然、大雨が降り、街灯がすべて消えた。マリアは息子のそばを離れず、その夜息子を一人にしなかったことにほっとしました。

  マリアはその夜仕事に行かなかったので安心しました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアはその夜仕事に行かなかったので安心しました。 | |出典:ゲッティイメージズ

やがて嵐は過ぎ去り、雨はやんだ。街灯はまだ消えていましたが、もう恐れるものは何もありませんでした。

夜の残りは何事もなく過ぎました。マヌエルとマリアは居間で眠りに落ちました。

翌朝、すべてが正常に戻りました。マリアは早起きして台所でパンケーキを作っていました。 「立ち上がって輝け、恋人よ!」彼女は機嫌が良いように見えた。

しかし、マヌエルの罪悪感は依然として彼を蝕んでいました。彼は彼女に嘘をつき、彼女の仕事で1日を犠牲にしました。

「私のせいで、彼女はたくさんの叱責を我慢しなければならなかったのだろう」と彼は思った。

  マヌエルは、前の晩に母親に嘘をついたことに罪悪感を感じていました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マヌエルは、前の晩に母親に嘘をついたことに罪悪感を感じていました。 | |出典:ゲッティイメージズ

彼は自分の罪悪感を隠そうとしましたが、マヌエルは最終的に彼の奇妙な感情を打ち明けました。

「嘘をついてごめんね、ママ。昨夜は病気じゃなかった。何かひどいことが起こると思ったから、あなたを行かせたくないだけだった。理由はわからないけど、あなたの人生はこうなると思った。危険にさらされます。」

マリアはこれを聞いて驚き、マヌエルの予感をどう受け止めるべきかわからなかった。彼女にとって、これは大雨が降った夜の 1 つにすぎず、すべてがしばらくの間シャットダウンされました。マヌエルがなぜ昨夜は何も変わらなかったと感じたのか、彼女には理解できませんでした。

電話一本で全てが変わりました。

以前ガソリンスタンドで働いていた友人からの依頼でした。

「聞いたかい、マリア?昨日の雷雨はひどい悲劇を引き起こした。」

それを聞いてマリアの心は沈みました。

  マリアは昨夜ガソリンスタンドで何が起こったのか信じられませんでした。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアは昨夜ガソリンスタンドで何が起こったのか信じられませんでした。 | |出典:ゲッティイメージズ

「ガソリンスタンドの隣の電柱が倒壊しました。あなたのシフトを担当していた従業員が重傷を負いました。彼らは、その人が間に合うかどうか疑問に思っています.燃え尽きないで!」

マリアはショックで電話を切り、息子の方を向いた。彼の顔はまだ罪悪感の涙で真っ赤だった。

「なにママ?私のせいで困ったの?」彼は無邪気に尋ねた。

  マリアは自分の命を救ってくれたことを知って、息子を抱きしめました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアは自分の命を救ってくれたことを知って、息子を抱きしめました。 | |出典:ゲッティイメージズ

マリアは彼に近づき、彼の涙をふき、自分の涙をこらえました。 「いいえ、マニー。あなたは私を困らせませんでした。あなたは私の命を救ってくれました。」

この話から何を学べるでしょうか。

  • 論理的に説明できない場合でも、直感に従うことが賢明な場合があります。 マヌエルは自分の予感を論理的に説明することはできませんでしたが、あまりにも強かったので、危険を冒すことなく従うことを選びました。その結果、マリアはひどい事故から救われました。
  • 何かが重荷になっている場合は、中に入れないでください。 マヌエルは、母親が無事だったにもかかわらず、罪悪感に苦しんでいました。彼がマリアに心を開いて正直にならなかったら、その罪悪感を失うことはなかったでしょう。同時に、マリアは息子の本能が彼女を救ったことを知らなかっただろう。

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです ベッドの下に誰かがいると思い込んでいる少女の話で、母親が確認したところ、まったく予想外のことがわかりました。

この作品は、読者の日常生活の物語に触発され、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれません。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected] .