心に強く訴えるストーリー

ウェイターが体の不自由な子供に食事を与え、疲れた母親が食事を終えることができるようにし、後でテーブルに 10,000 ドルの小切手を見つけた — 今日の話

親切なウェイターが車椅子に乗った特別な障害のある子供に食事を与え、母親が寒くなる前に食事を終えることができるようにします.彼は、思いやりの結果、数分後に自分の人生が変わるとは想像もしていませんでしたが、翌日、別の驚きが訪れました.

「奥様、お飲み物はいかがですか?」ジェイソンはゲストに尋ねました。彼はその日のシフトを終えようとしていて、赤ちゃんと一緒に家に帰るのが待ちきれませんでした。彼は通常、店での2番目の仕事に出る前に、彼らと一緒に時間を過ごしました.



「アイリッシュシチューをお願いします。」

'何か他にご要望はありますか?'

'結構です!'



ジェイソンは丁寧に微笑み、メモ帳を持って戻ってきました。彼はウェイターで、これが彼の本業でした。彼は、スーパーマーケットでローダーとして夜勤を始めるまでに、あと 2 時間しかありませんでした。彼がその女性に料理を提供したところ、別のゲスト、女性が車いすの子供を連れて入ってきました...

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

ジェイソンが周りを見回すと、他の出席者全員がゲストにサービスを提供しているのが見えました。雨の土曜日だったので、レストランは通常週末で混み合っていました。



彼はその女性に近づき、近くの空いている席を見せました。 「こっちへ、お母さん」と彼は案内した。しかし、娘のケリーが雨を見るのが好きだったので、女性はそこに座るのを拒んだ。彼女は辺りを見回し、車いすを窓の方へ押しやった。そこから見える街並みは素朴で美しかった。

ジェイソンは微笑んだ。 「お母さん、注文してもいいですか?何を食べたいですか?」

他の人に親切にすることをためらわないでください。それがどれほどやりがいがあり、満足できるものか、あなたは決して知らないかもしれません。

女性は娘とメニューについて話し始めました。お母さんのミンディがジェイソンを見上げて、「チキンヌードルスープとチキンとライスのキャセロール…そしてカップケーキ…それを2つ作ってください」と言うと、小さな子は笑いました。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

ジェイソンは注文を持って戻ってきて、それらをテーブルに置きました。彼は他のゲストに対応するために後退し、それから彼の場所に戻りました.Mindyがまだ食べ始めていないのを見ました.彼女は、自力で食べることが困難な娘にスプーンで食事を与えることに専念していました。

ジェイソンは、食べ物が冷めている間、ミンディが子供に食べさせ続けるのを見ました。彼は助けることに決め、彼らのテーブルに近づきました。

「すみません、奥様…手伝ってくれませんか?」彼は尋ねた。 「まだ食べ物に手をつけていないようですね。私が食事を手伝っている間、食事を楽しんでください。」

ミンディは戸惑い、微笑んだ。 「彼は私の娘にどのように食事を与えるつもりですか? ケリーは見知らぬ人のものを決して食べません.」彼女は疑問に思いました。ジェイソンは彼女からスプーンを取り、女の子に食べさせ始めました。

「外はきれいです。機会があれば、雨の中一日中遊んで、ダンスもしたいです!」彼はくすくす笑った少女に言った。

「あなたは踊り方を知っていますか?」彼女はジェイソンに尋ねました。

「うん…ちょっと…ちょっと!」彼は笑いました。

ケリーはいい子のように食べ、ミンディは驚いた。彼女の娘は癇癪を起こさずに食事をしたことがなかったので、彼女は自分の目を信じることができませんでした。しかし、その日は違いました。見知らぬ人の手から食べることに加えて、彼女は振る舞いましたが、ミンディにはあまりにも非現実的でした.

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「どうやって子供たちをそんなに効率的に扱うの?」彼女はジェイソンに尋ねました。

「最近子供が生まれるまで、子供との接し方が分からなかった。子育てって大変だと思っていたけど、子供との接し方は色々教えてくれる」と笑顔を見せた。

ミンディは唖然とし、毎日の子供の世話をしているウェイターの告白に耳を傾け続けました...

「この夏、妻と私は三つ子を迎えました。私は彼女の赤ちゃんの世話を始め、ゆっくりとすべてを学びました。おむつの交換方法も知っています。しかし、2 つの仕事があっても、今日では必需品をすべて揃えることはかなり困難です。」

「なるほど!でも、どうやって他人の子供、特に私のような特別な障害を持つ子供の扱い方を学んだのですか?」もっと知りたくてミンディは尋ねた。

「すべての子供は何らかの形で特別です。彼らに気を配り、追い詰められるのではなく、愛されていると感じさせる必要があります。温かいジェスチャーを通して自分自身を伝える必要があります。子供たちに無理矢理食べさせる.ゆっくりと始めて、子供たちを快適な場所に連れて行かなければならない.そして、あなたがそれを知る前に、プレートはすでに半分空になるでしょう.

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

ミンディは圧倒されました。すぐに、彼女とケリーは食事を終え、ジェイソンの助けに感謝しました.彼女は振り返らずに店を出た。夫を空港まで迎えに行かなければならなかったので、彼女は急いでいました。

ジェイソンはため息をつき、テーブルに戻ってそれを片付けようとしました。

彼はそれを手に取り、小切手を取り出した。 「10,000ドルの小切手?」彼はあえぎました。 「お嬢様が忘れてしまったに違いありません。娘さんの治療のためです。すぐに見つけて返さなければなりません」

ジェイソンはミンディとケリーを見つけようと外に出ましたが、彼らの姿はもう見えませんでした。彼は小切手をじっと見つめたとき、その小切手に彼の名前が書かれていることに気づきました。

「なんてこった…これは信じられない!」ミンディが小切手を自分に残してきたことに気づき、彼は涙を流した。彼は封筒をひっくり返し、メモを見ました: 「これはあなたの妻とあなたの素晴らしい子供たちのためです。愛情深い父と夫でいてくれてありがとう!」

「しかし、これは非常に大きなヒントです!」彼は思った。

ジェイソンはレストランでの勤務を終えて家に帰り、妻に良い知らせを伝えましたが、次の日に別のサプライズがあることを知りませんでした。

  説明のみを目的としています。出典:Pixabay

説明のみを目的としています。出典:Pixabay

翌朝、ジェイソンが仕事に出かける準備をしていると、配達用のバンが家の外に停車しました。男が降りて、玄関先に十数個の箱を降ろしました。

>> 関連記事 - 私は最後のお金を貯金に費やした小さな男の子で、今年は娘に誕生日のプレゼントがないことを伝えなければなりません - 今日の話 - 警察は行方不明の少女が家を見つけ、彼女が一人暮らしであることを理解するのを手伝います – 今日の話 - 車のシェルターに住む貧乏人 雨の中で少女を「おばさんから離して」と懇願する – 今日の話

「これはあなたのためです。前払い注文です!」

ジェイソンはカートンを開けると、1 年分のおむつが積み上げられているのを見て、自分の目を疑うことができませんでした。彼は箱の 1 つに入っているメモを手に取りました。それは読んだ: 「レストランからあなたの住所を書き留めました。これがお役に立てば幸いです。私の愛と抱擁をあなたの赤ちゃんに送ります。レストランで会ったお母さん、よろしくお願いします。」

ジェイソンは喜びの涙を流し、妻と赤ちゃんを抱きしめました。彼はこれ以上ないほど幸せでした。

ミンディとケリーがジェイソンが働いていたレストランを訪れてから 2 か月が経ちました。 2 度と会うことはありませんでしたが、彼は生涯にわたって貴重な教訓を学びました。それがどれほどやりがいがあり、満足できるものか、あなたは決して知らないかもしれません。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

この話から何を学べるでしょうか。

  • 困難の中でも他の人に親切にする必要があります。 ジェイソンは、家族を養うために 2 つの仕事を行き来しました。彼は多くの苦労をしましたが、他人に親切にすることを決してためらうことはありませんでした。彼は、母親が食事を終えることができるように、彼が働いていた飲食店で特別に障害のある子供に食事を与えることを申し出ました.
  • ちょっとした親切な行為があなたに良いことをもたらします。 ジェイソンは、娘に食事を与えることで、ミンディが食事を楽しむのを助けました。彼の親切に対して 1 万ドルの報酬が与えられたほか、彼は翌日、赤ちゃんのために 1 年分のおむつを受け取りました。

無私のウエイトレスが空腹の乞食と彼の犬に餌をやる。ある日、彼はメモを残して姿を消し、数週間後に高価なスーツで彼女を驚かせました.クリック ここ 全文を読むには。

この作品は、読者の日常生活からインスピレーションを得て、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれない。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected] .