関係

「ロングアイランドミディアム」のテレサキャプト、2018年にラリーから離婚を確定-その後、彼は何をしてきたのか

ラリーキャプトと彼の元妻、「ロングアイランドミディアム」の名声を持つテレサキャプトが離婚して29年の結婚を終えてから1年以上になります。多くの人が今、彼が何をしているのか疑問に思っています。

有名人が最近何をしているのかを知る方法の1つは、特にそのようなスターがアクティブである場合は、ソーシャルメディアのプロフィールに目を通すことです。



ラリー・カプトは、Instagramページに時々投稿する有名人の1人です。彼の最後の投稿は12月18日で、彼のワインラベルLorenzo Caputoの広告でした。

Larry Caputo, and ex-wife Theresa Caputo during an appearance on

アンディコーエンとの「What What Happens Live」の出演中に、ラリーカプトと元妻のテレサカプト|写真:ゲッティイメージズ

テレビのパーソナリティは通常、個人的なトレーニングルーチン、家族のイベントから他の婚約まで、彼の人生の出来事のいくつかについて投稿します。

彼が出席した遠足についてのそのような投稿の1つで、ラリーカプトは、黒いスーツを着たハンサムな自分の写真を共有し、ボタンを留めた白いシャツと黒いネクタイと合わせました。の 読んだ投稿へのキャプション:



私は今週土曜日の20日、ニューヨーク州レビットタウンの知事のコメディークラブにいます。そこで会えるのを楽しみにしています !!'

Larry Caputo attends the book signing for

ラリーキャプトは、2013年10月2日にニューヨークのハンティントンで開催されるBook Revueで、「これ以上の命はある」のサイン会に出席します。| Photo:Getty Images

2018年にラリーとテレサが離婚した後、「ロングアイランドミディアム」のファンは、番組の14回目のシーズンにどんな形で出演するのか疑問に思いました。これは彼が13シーズンに簡単に現れた後だった。



テレサ・キャプト GoodHousekeeping.comに公開 彼女の元夫は番組の14回目のシーズンに時々出演しますが、メインスターとしては出演しません。

かつてラリーが、愛する人の遺灰を染めて砂の芸術に変えることができる商売を始める話もありました

Instagramでこの投稿を表示

私、テレサ&リル・ラリー私の人生の中でとても幸せな特別な時間。

さんが共有した投稿 ラリー・カプト (@ 33biglarry)2014年2月10日15:32 PST

離婚後、ラリーはカリフォルニア州サンタモニカに引っ越し、そこで彼は自分のワインブランドの作成に忙しくしていました。作成プロセスの間、彼はInstagramのフォロワーに最新の開発状況を常に伝えていました。

リアリティテレビのスターも、ジムで自分の体やジムに自分の姿を定期的に投稿しているため、ジムでの進捗状況を共有することをためらう必要はありません。そのような投稿の1つで、彼は自分のトレーニングについて冗談を言った、書き込み

「先日誰かが私に尋ねました…私が持ち上げるかどうか?私はノーと言いました、私は通常Uberです。 [絵文字] '

Instagramでこの投稿を表示

先日誰かが私に尋ねました...私が持ち上げた場合?私は言った...いいえ、私は通常Uberです。

さんが共有した投稿 ラリー・カプト (@ 33biglarry)2019年1月15日午後12:42 PST

投稿には、黒いノースリーブのトップを着て、重いダンベルの前に立っていたラリーの自撮りがありました。

「ロングアイランドミディアム」のファンが最初に目にしたのはラリー・カプト2011年のショーのプレミアでは、55歳ですでに引退していました。

その後、輸入食品事業も売却した。それは、彼が一日中ほとんど家にいたことを意味し、当時はテレサを狂わせていました。

Instagramでこの投稿を表示

Larry Caputoさん(@ 33biglarry)が共有した投稿 2019年2月13日午後8:34 PST

その後、ラリーは「ビッグラリーアパレル」と呼ばれる衣料品ブランドを作成することを決定しました。このブランドを通じて、タトゥー、アート、バイク、ファッションへの愛を組み合わせることを目指しました。

ラリーはかつて、愛する人の遺灰を染めて砂の芸術に変えることができる商売を始める話もしました。

これらすべてのビジネスアイデアと彼の急成長するワインブランドで、ラリーについて学べることの1つは、彼が多くの革新的なビジネスアイデアを持つ男であることです。