関係

ソフィアローレンの息子エドアルドポンティは、NCISの女優サーシャアレクサンダーと12年間結婚しました

有名な映画作家カルロポンティと女優ソフィアローレンの子として最もよく知られているエドアルドポンティは、「NCIS」スターと結婚しています サーシャアレクサンダー 2007年8月以降。

による IMDB、ポンティ、アレクサンダーは、スイスのジュネーブにあるロシア正教会で結び目を作り、それ以来、忙しいスケジュールにもかかわらず、切っても切れない関係にありました。



彼らには2人の子供がいます。2006年に生まれたルシアと2010年に生まれたレオナルドです。

Edoardo Ponti at the Egyptian Theatre on November 16, 2017 in Hollywood, California. | Photo: Getty Images

2017年11月16日、カリフォルニア州ハリウッドのエジプト劇場でエドアルドポンティ。 |写真:ゲッティイメージズ

「私はいつも(詩)を使って複雑な感情を理解しました...」



セレブリティプール 報告 そのポンティはイタリアの監督です。彼は1973年にスイスのジュネーブで生まれました。

1994年に南カリフォルニア大学を卒業し、英文学およびクリエイティブライティングの文学士号を取得しています。

Sasha Alexander and Edoardo Ponti at Chateau Marmont on June 12, 2018 in Los Angeles, California. | Photo: Getty Images

サーシャアレクサンダーとエドアルドポンティ2018年6月12日、ロサンゼルス、カリフォルニア州のシャトーマーモントで。 |写真:ゲッティイメージズ



4年後、南カリフォルニア大学映画学部から映画監督および制作の修士号を取得しました。

2002年の映画「Between Strangers」は、Pontiの作家兼監督としての最初の作品であると報告されています。

この映画は5つの魔神ノミネートを獲得し、ヴェネツィアとトロントの国際映画祭で初演されました。

Sasha Alexander, Edoardo Ponti and children Lucia Sofia Ponti, Leonardo Fortunato Ponti at Private Residence on June 10, 2018 in Bel Air, California. | Photo: Getty Images

サーシャアレクサンダー、エドアルドポンティと子供たちルチアソフィアポンティ、レオナルドフォルトゥナートポンティ2018年6月10日、カリフォルニア州ベルエアのプライベートレジデンス。 |写真:ゲッティイメージズ

ポンティは、2011年にロマンティックコメディ「カミングアンドゴーイング」を執筆、監督しました。この映画では、妻のアレクサンダーが主演しました。

2012年、イタリア語映画「イルトゥルノディノッテロファンノルステル」を監督した。同じ年、彼は「マダムバタフライ」の映画化に出演しました。彼は主人公、ピンカートンを演じた。

2年後、フランスの女優で歌手であるキアラマストロアンニとデートしたとされるポンティは、映画「Voce umana」を監督しました。 2017年に、彼は最高給与の取締役のリストに追加されました。

Sasha Alexander, Sophia Loren, and Edoardo Ponti at Cipriani 42nd Street on October 19, 2015 in New York City. | Photo: Getty Images

2015年10月19日にニューヨーク市でCipriani 42 ndストリートでサーシャアレクサンダー、ソフィアローレン、エドアルドポンティ。 |写真:ゲッティイメージズ

2018年、ポンティは彼の本を出版しました '若い父親からの手紙』は、妻のアレクサンダーが妊娠した40週間の間に彼が書いた詩のコレクションです。

インタビューでは、ポンティ 前記:「私は常に(詩)を使用して、複雑な感情を理解し、自分の考えを理解し、自分の人生を理解しました。」

「詩には非常に直接的で親密なものがあり、これはある意味で詩文字である非常にユニークな詩の形です」 追加された

ポンティの最初の詩集は、人生のアドバイス、愛、恐れ、反省についてのレッスンを提供します。

「これらすべての手紙の詩は、生き方、愛する方法、覚え方の青写真のように私の娘に宛てられました」 前記

ポンティは時々それを付け加えました、あなたがまた持っている感情を提供する本を読むことは心強いです。