心に強く訴えるストーリー

若い警官は毎日年配の未亡人の世話をする傾向があります, 彼女は後で古い写真で彼を偶然認識します – 今日の話

サンドラは夫のオリバーを亡くし、意気消沈しましたが、地元の管区の若い警官が理由を知らなかったものの、彼女を訪ね始めました。ある日、彼女は彼をパトカーに連れて行き、背中に古い野球帽を見つけ、記憶を引き起こしました.彼女は家に駆け込み、古い年鑑を探し、彼女を避けていた真実を発見しました.

「今日ここに来てくれてありがとう。夫が亡くなってから 15 年が経ちましたが、今日も同じようにつらいです。痛みが減ることはありません」サンドラは若い警官のサムに感謝しました。彼女がスーパーマーケットの外で泣いているのを見た翌年。彼は彼女の涙をふき、彼女を慰め、料理を作り、彼女が一人にならないように話しかけました。彼は彼女の最悪の日々の中で彼女の唯一の慰めになった. しかし、1つの謎があった.しかし、会社はいい感じだったので、彼女は尋ねませんでした。



「ミセス・フェリス、言っておきます。あなたが教職に戻れば、すべてが良くなるでしょう。あなたは十分長い間教室から離れていました」と警官は家を出るときに言いました。サンドラは彼を車に連れて行き、サムは再びこの問題について話し合うことにしました。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

彼女は彼に、教師であることとそれを愛することについて話していました。しかし、意外にも未亡人になって辞めてしまいました。



15 年が経過しましたが、彼女は教職に戻れるかどうかわかりませんでした。 「学校が私を再び雇ってくれるとは思わないわ、若者よ」とサンドラは冗談を言い、話題を逸らすためにユーモアを加えた.

「あの帽子はどこにでもあるよ」サンドラは年鑑の写真を見つめながら頭を振って考えた。

「言い訳はもう一つ。いつか戻るように説得するつもりだ」サムはニヤリと約束した。彼らは彼の車に到着し、彼は運転席に乗りました。彼は助手席の窓を開けて、サンドラが身を乗り出すことができるようにしました。

「それについてはわかりませんが、もう一度、私をチェックしてくれてありがとう。あなたはとても親切です」と彼女は言い、座席の上の何かに注意を向けました.ボロボロの野球帽でした。彼女はまだ理由を思い出すことができませんでしたが、それについて何か見覚えがありました。



  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「わかりました、また明日お会いしましょう、ミセス・フェリス」サムは車を発進させながら言った。彼が車を走らせたとき、彼女は後ろに寄りかかって別れを告げた。何故か脳裏に浮かぶのは帽子のイメージ。州野球チームの一般的なキャップでした。なぜそれが重要なのですか?

ふとある考えが浮かびました。キャップだけでは重要ではありませんでしたが、サムの車のキャップは別の話でした.同じ帽子をかぶっているクラスの男の子のイメージが思い浮かびました。彼女が15年間聞いたことも見たこともない少年。

彼女は急いで家に戻り、オフィスに直行したとき、芝生に足を踏みつけました。彼女はそこに古い年鑑と写真を何枚か保管していました。

Sandra は棚から 1 つずつ必死に取り出し、適切でない場合は破棄し始めました。最後に、彼女はそれを見つけました。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

当時、彼女は 5 年生の理科の教師をしていて、生徒の 1 人であるスタンがお気に入りでした。彼は悲しい背景から来ました。彼の両親は彼を捨てて国を去り、祖父に彼を育てさせました。しかし、その男は年上で、彼とはあまり関係がありませんでした。

サンドラはしばしばスタンを夕食に彼女の家に招待し、それがスタンが彼女の夫であるオリバーに会った方法です.彼らは野球への愛で絆を深めた.オリバーはスタンに帽子を買いました。それ以来、少年はそれを毎日学校に通っていました。帽子はサムの車にあったものと酷似していましたが、年を重ねるごとに古くなっています。

「あの帽子はどこにでもあるよ」とサンドラは考え、年鑑のスタンの写真を見つめながら頭を振った。彼女はそれを信じようとしなかった。スタンはソロショットでは帽子を使うことができませんでしたが、クラスの写真ではこっそりとキャップをかぶりました。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

15 年前、オリバーは、お気に入りの野球チームがシアトルの地元のスタジアムでプレーするのを見にスタンを招待しました。そんなところに行くのは初めてだったので、2人とも興奮していました。オリバーとサンドラには子供がいなかったので、スタンは彼らと信じられないほど親しくなりました。しかし、その夜…すべてが変わりました。

試合後に雨が降り始め、オリバーの車が方向転換し、最悪の事態が発生しました。スタンはやりましたが、オリバーはできませんでした。

その後、サンドラは悲しくなりました。彼女は辞め、誰とも話をせず、壊滅的な損失の後も自分自身を保ちました.ほとんどの日、彼女はベッドから出ませんでした。

数年後、彼女はスタンと彼の祖父が事故の直後に立ち去り、子供が罪悪感を感じたため、新たなスタートを切ったと聞いた.サンドラは決して彼を責めませんでした。それは彼のせいではありませんでした。それでも、彼女は彼のために最善を尽くしました。

今、彼女は彼がうまくいっていることを知っていました。スタンはサムだったから

***

翌日、サムがやって来たとき、彼女はすぐに年鑑を彼に見せました。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

「正直でなくてごめんなさい、ミセス・フェリス」彼は頭を掻きながら言った。 「本当の自分をどう伝えたらいいのかわからなかったのは、主に自分のせいだと今でも感じているからです。」

サンドラは首を横に振り、彼らは座って何時間も話しました。彼女はサムに、それは彼のせいではないことを保証した.事故だったと。

彼女は彼の人生について彼に尋ね、彼は彼の名前が実際にはサムではないことを明らかにした.彼の父親が同じ名前だったので、彼はそれを変更しました。彼は代わりに祖父に敬意を表してフルネームを変更しました。それから彼は他の人を助けたいと思ったので警官になりました。

サムが去る頃には、サンドラの心は軽くなった.彼女とオリバーが自分の子供のように扱った小さなスタンを再び見た後、彼女の魂の中で何かがクリアになったようでした.彼女は自分のオフィスに戻り、年鑑をじっと見つめ、もう一度熟読しました。

突然、教えたいという欲求が戻ってきたので、彼女は翌日学校に電話して、もう一度仕事を求めました。彼らは彼女が戻ってきたことをとても喜んでいました。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「私はあなたにそう言った.二人とも笑い、お互いの人生に長い間いることを知っていました.

この話から何を学べるでしょうか。

  • 事故で自分を責めないでください。 悲劇は毎日のように起こりますが、サムは自分を責めるべきではありませんでした。それは人生のほんの一部です。
  • 他の人、特に悲しんでいる人を助けることは、美しい職業です。 サムが警官になったのは、人を助けたいからでした。彼は彼女をサポートすることを望んで、サンドラを訪ねました。

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです 飢えた少年と昼食をとり、彼の顔を認識した警官について。

この作品は、読者の日常生活の物語に触発され、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれない。ストーリーを共有したい場合は、[email protected] に送信してください。