心に強く訴えるストーリー

レストランで車椅子の年配の母親を息子が泣かせ、オーナーが介入すると謝罪する - 今日の話

若い男性が障害のある母親をレストランに連れて行ったが、彼女が水ガラスを落とすまで彼女を無視した.彼は彼女を叱り、彼女を泣かせ、所有者は怒ってステップアップし、驚くべきことをしました.

「これはいいですね」ウェイトレスが注文を受け取り、メニューを持って去った後、エミリーは息子のディーンに言いました.彼女は、息子が電話ばかりに集中していたので、注意を喚起したかった。



「ええ、もちろん」彼はつぶやき、目を画面に釘付けにした.しかし、突然、彼は周りを見回しました。 「トイレに近づかなければよかったのですが、あなたの車いすでは他の場所に座ることができません。」

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

エミリーはその裏切りのコメントを無視しようとして、グラスから水を少し飲みました。 「でも、久しぶりに一緒にいられるのはいいですね。大学はどうですか?授業はどうですか?キャンパスで何か面白いことはありますか?」彼女は不思議に思い、自分の子供に興味を持ちました。



「黙って座って」と男は言い、ディーンとエミリーに衝撃を与えた。

ディーンは大学に行った後、めったに電話をかけませんでした。障害のある母親と一緒に育つことは、彼女が時々雇った世話人がいても、簡単なことではありませんでした.彼女は彼にその悩みから離れて自分の人生を楽しんでもらいたかった.それでも、彼から話を聞くのは素晴らしいことです。

したがって、彼女は彼を特別な食事に招待し、彼が受け入れる前に物乞い、物乞い、物乞いをしなければなりませんでした。彼女は亡くなった祖父の高価な時計で彼に賄賂を贈った.たぶん、それが彼が結局来た理由です。しかし、彼女は明るい面を見るつもりでした。

「ああ、何でもいい」彼はため息をつき、口の片側を何でもないかのように持ち上げた.



  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

もう一度、エミリーは水のグラスをつかんで一口飲みましたが、誤ってそれをテーブルにぶつけて、グラスが地面に粉々になりました。クラッシュは非常に耳をつんざくようなものだったので、レストラン全体が見渡され、最後にディーンは電話から顔を上げました.

「なんてこった!あなたが騒ぎ立てて、みんなが私たちを見ていなければ、素敵な夕食を食べることさえできません。私は行きたくなかったのに、あなたは私をしつこくしつこく続けました!神様、私は今夜がそうなるのが待ちきれません」終わりだ」ディーンは、エミリーが今まで聞いたよりも激しい怒りを爆発させた.

彼女の目は彼の爆発の衝撃に見開かれ、人々がまだ見ていることを知っていた.彼の声はレストラン全体に響き渡った。最後に、彼女の目には涙が溜まり、静かにすすり泣き始めました。 「よし、行こう」彼女は泣きながら言った。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

'偉大な!'ディーンはそう言って椅子を掴んで飛び起きた。

'ちょっと待って!'男が彼らに近づいた。エミリーが顔を上げると、彼の顔に怒りの表情が浮かんでいるのが見えました。彼の眉には皺が寄っており、唇は隅で下を向いており、頭上の照明の黄色の輝きの中で額の皺がより際立っていた.

「私たちはここで食事をするつもりはありません。食事をキャンセルしてください」とディーンは言い、否定的に手を振った。しかし男は首を横に振った。

「黙って座って」と男は言い、ディーンとエミリーに衝撃を与えた。しかし、息子は怯えているようにゆっくりと腰を下ろした。 「数秒前にあなたの小さな爆発を聞きました、若者よ、それは私が今まで聞いた中で最も衝撃的な言葉だったと言わなければなりません。私は近くのスタッフと話していましたが、これがあなたのお母さん、どうしてそんな風に話せるの?」

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「私は―私はしませんでした」とディーンはどもりました。

「あなたは何をしませんでしたか? 母が再び私と一緒にいるために、私は何でもします。母は人生、愛、希望、夢についてすべてを教えてくれ、私を独立して育てました。ここにいるこの美しい女性と同じように、彼女も障害を持っていました。 . 彼女は普通の仕事をすることが不可能な状態にありました. そして、それにもかかわらず、彼女は私を育てました. 私は空腹になったことはありませんでした.男は続けた。 「今日、私はこのレストランとシカゴ周辺の多くのレストランを所有しています。すべては彼女のおかげです。そして、彼女は私の成功を見ることができませんでした。」

エミリーがレストランのオーナーをじっと見つめている間、ディーンは恥ずかしそうに膝の下を見下ろし、完全に話に集中していました.

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「だから、お母さんに電話して、話して。ここに彼女がいるのよ!それはあなたが得られる最大の特権よ!もっと上手になろうよ!そうでなければ、あなたが何をしても、いくらお金を稼いでも、あなたは決して知られることはありません」本当の男として」男は息を荒げて言い終えた。

エミリーは息子を見て、涙が頬を流れているのを見てショックを受けました.しかし、彼女が何かを言う前に、ディーンは顔を上げた。 「ごめんなさい、お母さん」彼は声を詰まらせて言った。彼の顔には皺が寄っており、エミリーは痛みを和らげるために彼を抱きしめたかった.

「ああ、ねえ」と彼女が言うと、彼は飛び上がって彼女を抱きしめ、もう一度許しを求めた.

「よし、私の仕事は終わった。あなたの食べ物はすぐに出てくるだろうし、誰かがその割れたガラスをすぐに取りに来るだろう」とオーナーは言い、後にハリス氏と自己紹介し、手を叩いて立ち去った.

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

ディーンは腰を下ろし、電話を片付け、涙を拭き、話し始めました。 「まあ、私の授業はいいです。少し退屈です…」

エミリーは自分の顔を乾かしながら微笑んだ。ハリスさんの叱咤激励のおかげで、夕食の残りは素晴らしいものでした。ディーンは二度と母親を虐待しませんでした。

この話から何を学べるでしょうか。

  • いつまで一緒にいられるかわからないので、両親を尊重してください。 オーナーはディーンに、母親が彼の成功を見るためにそこにいてくれたらいいのに、だからエミリーとの時間を最大限に活用すべきだと言いました。
  • 目を覚まし、より良くするために、見知らぬ人が必要な場合があります。 ディーンは、レストランのオーナーが彼を叱るまで母親をひどく扱い、彼は自分のやり方の誤りに気づきました.

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです オーナーが彼女の名前を叫ぶまで、レストランで嘲笑された障害のある年配の女性について。

この作品は、読者の日常生活からインスピレーションを得て、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれない。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected] .