心に強く訴えるストーリー

男は空港で行方不明になり泣いている少女を助​​け、両親は警察に電話する – 今日の話

小さな女の子が主要な空港で行方不明になり、親切な男が彼女が泣いているのを見つけました。彼は彼女を助けようと試みたが、彼女の両親は彼を逮捕するために警察に電話した。

マーク・ジョーダンは多くの時間を空港で過ごしました。彼の仕事は、会社の仕様が文字どおりに守られていることを確認するために、ある工場から別の工場に行き、毎年何十回も国を縦横無尽に横断することを余儀なくされました。

マークがデトロイト行きの乗り継ぎ便に乗るのを待っていたとき、彼は小さな女の子に気づきました。彼女は待合室の椅子の下に丸まっていて、泣いていました。 「やあ、」マークは言った。 'どうしたの?'

'道に迷いました!'子供はそう言って、手の甲で鼻をふきました。マークはすぐにポケットに手を入れ、ハンカチを取り出しました。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

もう誰も使わなくなった昔ながらの物の一つでした。マークの妻は、常に携帯していると主張した。 「紳士はいつもハンカチを持ち歩いています。いつ必要になるかわかりませんよね!」

何かを見たら、何かをしてください。

彼女は正しかった、とマークは思った。ここにこの小さなダニが苦しんでいました、そして彼は彼女に貸す素敵なハンカチを持っていました.マークは輝く鎧を着た騎士のように感じました!

「ほら、ハニー」とマークは言い、少女にハンカチを手渡した。 「鼻をかんで」

その子はハンカチを手に取り、熱心に使ってから、マークに返しました。 「あなたはそれを維持します!」彼は言った。 「また必要になるかもしれません。お名前は?」

「私はケリーです」と少女は言いました。 「私は4歳です。」

「まあ」とマークは言った。 「あなたは大きな女の子です!それで、お母さんとお父さんはどこにいますか?」

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

「わからない…」 ケリーの唇が震え始め、彼女はまた泣き出しそうな顔をした。

「どこに行くか知っていますか?」彼は尋ねた。

ケリーは力強くうなずき、「おばあさんの誕生日にニューヨークに行く予定です」と言いました。

「それはいいことだ」とマークは言った。アナウンスボードをちらりと見た。出発予定のニューヨーク行きのフライトは 12 便ありました...

「じゃあ、お母さんの名前は?」マークは優しく尋ねた。

ケリーは彼を軽蔑したように見た。 「彼女の名前は「ママ」、ばかだ!」彼女は答えた。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

マークはため息をついた。 「で、お父さんの名前は『パパ』かな?」

ケリーは彼に晴れやかな笑みを浮かべた。 '丁度!'

「私はあなたに何を言いますか」とマークは言いました。 「あの椅子の下から出てきて、ママとパパを探しますよね?」

ケリーは考えました。 「あなたは見知らぬ人ですね」彼女は疑わしげに言った。 「見知らぬ人と話してはいけません。」

「その通りだ、ケリー」とマークは言った。 「言っておきますが、私たちはみんなが私たちを見ることができる場所にとどまります。怖がったら、「警察!」と叫びます。声を大にしていいですか?」

'わかった!'ケリーはそう言って椅子の下から這い出した。マークは彼女の小さな手を取り、案内所に向かって歩き始めました。

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

長い列ができていて、マークとケリーがそれに加わりました。 「お母さんとお父さんをずっと探してるよね?」彼は言った。 「彼らはあなたを探しているに違いない。」

ケリーはうなずき、通り過ぎる人々の群れを詳しく調べ始めました。インフォメーションデスクへの列は非常にゆっくりと進みました。 「すみません」とマークは前の人々に言った。 「ここに迷子の子がいるの?先に行ってもいい?きっとご両親も心配してるだろうけど…」

「聞いて、バディ」顔を真っ赤にした大男が言った。 「あなたの番を待ってください!私たちは皆問題を抱えています!」

「私はここに 1 時間いる」と縮れた髪の不機嫌な顔をした女性が言った。 「その不運な話で一線を越えるわけにはいきません!」

マークはため息をついた。空港はどういうわけか人々の非常に悪いところを引き出すことに彼は気づいた.普段は優しくて気遣いができる人が、空港ではわがままな化け物に。

彼は辛抱強くケリーと一緒に待っていた.彼らがカウンターに着いたとき、声が叫んだ.「彼女がいる! ケリー!」

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

ケリーは振り返り、マークの手を放し、非常に動揺しているように見えたスリムできれいな女性に向かって走った. 'ママ!'彼女は泣いて女性を抱きしめた。

「ケリー」女性はすすり泣きました。 'あなたはどこにいた?'男が到着し、ケリーもハグしました。

「私は友達と一緒にいました」とケリーは言い、マークを指差した.

'あなた!'男は怒って言った。 「私の娘と何をしていたの?」

マークは手を挙げて言った。

'変態!'ケリーを保護するように抱きしめながら、その女性は叫んだ。 「警察だ!誰か警察を呼べ!」

  説明のみを目的としています。出典:Pixabay

説明のみを目的としています。出典:Pixabay

数分以内に、マークは空港の警備員に取り囲まれました。 「あなたは間違いを犯している!」彼は泣いた。

「この男は私の娘を連れて行った!」ケリーの母親は言った。 「私たちは彼女を見つけることができて幸運でした!」

「いいえ、ママ!」ケリーは言った。彼女は母親から離れ、マークに駆け寄りました。彼女は彼の手を取り、「これは私の友達です。彼は私があなたを見つけるのを手伝ってくれました!」と言いました。

「その通りです」と大きな赤い顔をした男が言った。 「彼は私たちに彼を行かせるように頼んだ...」

縮れた髪の女性は恥ずかしそうに見えた。 「ただの話だと思ってた!」

ケリーのお母さんとお父さんも恥ずかしそうに見えました。 「ごめんなさい」と父親は言った。 「最近、私たちはいつも悪いことを考えているだけです。」

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

「私の友人は、誰かが私を不快にさせたら、『警察!』と叫ぶべきだと言いました。うるさい!'ケリーは言った。

ケリーのお母さんは言いました。 「あなたの友人は正しいです!それはとても良いアドバイスです!」

「私にも子供がいます」とマークは言いました。 「私はあなたの恐れを理解しています。」

「ちょっと目をそらしただけよ」とケリーのお母さんは言った。 「そして彼女はいなくなった!彼女を見つけてくれてありがとう!」

数時間後、ケリーはマークのおかげで無事で、お母さんとお父さんと一緒にニューヨーク市に向かう途中でした.

この話から何を学べるでしょうか。

  • 何かを見たら、何かをしてください。 多くの場合、迷子になった子供や助けを必要としている高齢者から、問題を回避するために遠ざかります。ステップアップして、助けてください。他の誰かが善意を持っていない可能性があります。
  • 子供たちは私たちの最大の宝です。 親の最大の恐怖は、子供を失うことです。マークのおかげで、ケリーの両親は娘を無事に取り戻しました。

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです 少女をネグレクトから救った後、誘拐で逮捕された女性の話。

この作品は、読者の日常生活の物語に触発され、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれません。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected]