心に強く訴えるストーリー

見知らぬ人が、フリー マーケットで泣いている貧しいお母さんにベビーカーを贈りました。彼女は中を見て、12 万 5000 ドルの小切手を見つけました。

シングルマザーは、蚤の市でスリに財布を盗まれた後、見知らぬ人からベビーカーを勧められて大喜びします。彼女が家に帰ったとき、彼女はそれが彼の贈り物の中で最も小さいことに気づきました.

アメリアは、赤ちゃんがこれほど多くの高価なものを必要とすることがあるとは想像もしていませんでした!ベビーベッド、お風呂、おむつ替え台、着替えも全部買って…



メイちゃんを連れて家に帰った今、彼女はベビーカーが必要だと気づきました。彼女はベビーカーなしで赤ちゃんを連れて、どうやって買い物に行くつもりだったのでしょう?

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

彼女の友人のハリエットが彼女にアイデアをくれました。 「ご存知のように、フリーマーケットで赤ちゃんのためにたくさんのものを手に入れました」と彼女は言いました. 「背の高い椅子、知ってる?レストアしたんだけど、すごーい!」



それで、アメリアは家にあった現金をハンドバッグに入れ、妹にメイの世話を頼むと、ベビーカーを探しにフリーマーケットに出かけました。

こんなに忙しく、多くの人が他人のゴミ箱の中から宝物を探して歩き回り、過ぎ去った日々の思い出を探し回るとは、彼女は想像もしていませんでした。

人生はつらいものであり、世界はより厳しいものですが、時には親切という小さな奇跡が私たちの人生に訪れます。

男が通り過ぎて、アメリアを古い目覚まし時計が飾られたテーブルに叩きつけました。 '申し訳ありません!'アメリアは時計の持ち主に言った。 'ごめんなさい...'



その時、彼女はベビーカーを見ました!ヴィンテージ自転車のディスプレイの近くに立っていて、新品のように見えました。アメリアは歩いて行き、注意深く調べました。

それは完璧に見えました!もちろん、彼女はそれを洗い流し、隅々まできれいにしなければなりませんでしたが、それはまさに彼女が5月に望んでいたことでした. 「すみません」と彼女はベビーカーのそばに立っている女性に言った. 'これはいくらですか?'

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

「素敵なベビーカーですね!」女性は言った。 「ヴィンテージですが、ほぼ新品です。そして、当時は長持ちするように作られていました。そうでした!」

「はい」アメリアは言った。 「わかりました。いくらでお求めですか?」

「60ドルで盗みだ!」女性は言った。 「それはあなたがとても若くてきれいだからです!」

アメリアは微笑んだ。彼女はそれを買う余裕があり、まだいくらかのお金が残っています.彼女は財布を取りにバッグに手を伸ばした。アメリアは眉をひそめた。彼女はバッグを開けて中を覗き込んだ。

彼女の財布はどこにありましたか。彼女は必死に物を取り出し始めましたが、財布はなくなっていました! 「なくなった」と彼女は叫んだ。 '誰かが私の財布を盗みました!'

「そんなこと言わないで」女性は退屈そうに言った。 「まあ、お嬢さん、この辺りはスリが多いですよ!」彼女は、ベビーカーを見ていた別の顧客に話しかけました。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

アメリアは彼女の腕を掴んだ。 「お願いします、そのベビーカーが本当に必要です!」彼女は言いました。 「預かってくれるなら、お金を取りに行きますか?」

「手に鳥がいるわ」女性は言った。 「ママが教えてくれなかった?現金をくれ、さもないとダッシュじゃない!」女性は自分の大きなお腹を撫でて、自分の機転を利かせて笑った。

'お願いします!'アメリアは泣いた。 「あなたは理解していない! 私には赤ちゃんがいて、私を助ける人は誰もいません. 私の婚約者. 彼は去りました. 私は.

「そんなことは私には関係ありません」女性は冷たく言い、腕からアメリアの手を振り払いました。 「私のビジネスは現金のみであり、悲しい話や涙ではありません!」

優しい声で「すみません、ベビーカーはいくらですか?」

女性はアメリアのすぐ向こうを見て、隣に立っている男性に微笑んだ。 「それは60ドルですが、あなたがとてもハンサムな紳士だからです!」

  説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

説明のみを目的としています。出典:スプラッシュを外す

男は財布を取り出し、女性に60ドルを渡した。 「ほら」そしてアメリアの方を向いた。 「ベビーカーを車まで運ぶのを手伝いましょう。」

アメリアは男を見た。 「すみません」と彼女はあえぎました。 '理解できない...'

60代前半の優しげな男性は、「ベビーカーはあなたのものです。あなたのために買いました」と優しく言った。

'私はできません!'アメリアは泣いた。 「受け入れられません...私はあなたを知りません!」

男は微笑んだ。 「私の愛する人、私には子供がいませんが、子供がいれば、助けが必要なときに誰かが親切にしてくれることを願っています。私に親切にしてください、私があなたを助けさせてください!

アメリアは無言で頷いた。彼女はこれが起こっているとは信じられませんでした!その間、男はベビーカーを売ってくれた女性にラップを頼むと、ラップをベビーカーに押し込み、小さなマットレスを包んでいました。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

それから彼は、アメリアがベビーカーを車に持っていくのを手伝い、慎重にトランクに積み込みました。 「使用する前に、それらのホイールのスポークに油を差す必要があります」と彼はアドバイスしました。 「素晴らしい人生を送ってください、愛する人よ、あなたとあなたの赤ちゃんに神のご加護がありますように!」

'待って!'アメリアは泣いた。 「あなたは天使だったのに、私はあなたの名前を知りません!」

男は振り向いてアメリアにウィンクした。 「知らない?天使に名前なんてない!」

アメリアはぼんやりと家に帰りました。彼女はベビーカーを降ろし、妹に冒険のすべてを話しました。 「そして、彼は私にベビーカーをくれました。信じられますか?」

「まあ」アメリアの妹は言った。 「世の中にはまだ寛大な人がいるんだろうな!」

アメリアがベビーカーからプラスチックの包装を取り出し始めたところ、マットレスの中に封筒が入っているのを見つけました。 'これは何ですか?'彼女は疑問に思いました。彼女は封筒を開けて息を呑んだ。

  説明のみを目的としています。出典:ペクセル

説明のみを目的としています。出典:ペクセル

「信じられない!」アメリアは小切手をほとんど読めないほど泣き出した。それは、125,000 ドルの額で、無記名人に支払われました!

「それは天使だった」とアメリアはすすり泣きました。 「本当の天使でした!」

アメリアの妹は、小切手を見るまで気が狂ったと思った.それから彼女も泣き始めました。二人の女性が騒ぎすぎたので、メイは目を覚まし、天使を見たことがなかったので、彼女は夕食を求めて叫び始めました.

この話から何を学べるでしょうか。

  • 奇跡を信じることをやめないでください。 人生はつらいものであり、世界はより厳しいものですが、時には親切という小さな奇跡が私たちの人生に訪れます。
  • 助けは、あなたが最も必要としていて、最も期待していないときに訪れます。 アメリアの人生は不幸の連続でしたが、助けが必要なとき、名前のない天使が彼女を助けに来ました.

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです 子供がいない年配の女性が、ベビーカーに置き去りにされた赤ちゃんを見つけ、枕の下に隠された美しいダイヤモンドのネックレスを見て唖然とします。

この作品は、読者の日常生活の物語に触発され、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれません。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected] .