心に強く訴えるストーリー

ホームレスの老人が火事で破壊された家の肘掛け椅子を見つけ、椅子のクッションの下に 5 万ドルが隠されているのを見る — 今日の話

ローガンは、半分焦げた肘掛け椅子の中に大金の塊を見つけたとき、選択を迫られます: 彼はそのお金を自分のために取っておくか、たまたまローガンの人生を破壊した男である所有者に返すか?

ローガン・ミッチェルは多くのことで有名でした。彼は手で黒板に真円を描くことができた.新しいことを教えて、それを完璧にするために50回もやらせてくれるような先生でした。



数学教師としての彼の評判は彼よりも先だった.彼が愛するものすべてを破壊するまで。

学生が彼を贈収賄スキャンダルに関与しているとはめ込んでから20年が経ちました.教授として 30 年の輝かしい経歴を持つこの男性は、より高い成績と引き換えに子供たちから賄賂を受け取ったとして告発されました。

ローガンは、噂はつぼみで摘み取られ、論争は終わるだろうと考えていた.



  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

しかし、裕福な家庭の 15 歳の少年は、虚偽の申し立てを撤回することを拒否し、最終的にローガンの仕事を犠牲にすることになりました。実際には、かつてローガンに賄賂を贈ったのは、少年のブラッドリー・バーカーでした。ローガンはすぐに彼をシャットダウンし、ティーンエイジャーを怒らせた.

これは、ブラッドリーがローガンを侮辱したことで戻ってくる方法でした.スキャンダルが起きたとき、ローガンが最愛の妻の化学療法の支払いに経済的に苦労していたことを彼はほとんど知りませんでした.



ブラッドリーは、ローガンがこの世界に他に誰もいないこと、子供さえいないことを知りませんでした.ローガンは、愛する女性を生かしておくために、次から次へと借金をし、友人の前に懇願しました。

しかし、彼の評判が大きく落ち込んで仕事を失ったとき、彼は請求書を支払う方法がありませんでした。彼の人生のパートナーは最終的に彼女の息を引き取り、翌日、銀行当局は彼を自宅から追い出しました。

親切にしてください、あなたは他の人が何を経験しているのか決して知りません.

それは15年前のことです。ローガンはレストランの残り物と、老人を気の毒に思う見知らぬ人の優しさで暮らしていた。

ローガンがこのように生活することは、もはや害ではありませんでした。彼は通りの汚れ、悪臭、危険に無感覚になっていました。希望しないことは容易になった。

  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

ある日まで、彼は公園で自分の場所を覆うために良い段ボールとシーツを探して新しい近所を横断していました.

その時、彼は焼け落ちたような家屋の廃墟に気がついた。その場所の空気はまだかすかに暖かく、そよ風がそよぐたびに、焦げた木とコンクリートの匂いが通りに漂っていました。

「この家族が無事でありますように」ローガンはがれきの山を眺めながら、息を切らしてつぶやいた。

その瞬間、彼の目に留まったものがある。

ほこりの山の後ろには、使い古された肘掛け椅子がありました。傍観者には、それはおそらく使用できない肘掛け椅子のように見えたでしょう.

しかし、ローガンはそれを彼の小さな睡眠場所に快適に追加できると考えました.確かに、室内装飾品は多くの場所で破れ、片方の腕は半分焦げていました。 「でも、古い枕とクッションがあれば、とても居心地がいいかもしれない」とローガンは思った.

親切なトラック運転手の助けを借りて、ローガンはそれを公園まで運ぶことができました。彼は正しかったです。椅子は信じられないほど柔らかく快適でした。ただし、背もたれから何かが膨らんでいました。

  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

ローガンはそれを無視しようとしましたが、誘惑に負けて背もたれにスリットを入れて、それが何であるかを確認しました.

「いや、そんなはずない!」ローガンは、椅子の背もたれから引き出したかさばる現金の束を見て、あえぎました。

「誰がこんなところにお金を残す?」ローガンは真夜中までそれをできる限り隠そうとしました。その後、公園の近くに人も車もいないと感じたとき、彼はお金を数え始めました。

「5万ドル!」ローガンは、この種のお金を見たことがありませんでした。

老人には選択の余地がありました。彼は間違いなくお金を保つことができました。所有者がそれを望んでいれば、誰かがすでにそれを主張するようになったでしょう.

もちろん、特に治療を受ける必要がある場合は、所有者がお金を必要とする可能性がありました.

「試してみれば、家族を追跡して現金を引き渡すことができるかもしれません。」

ローガンはほとんどすべてを失ったかもしれませんが、誠実さは失っていません。 「私は彼らにそれを返す義務はありません。しかし、とにかくそれを行うために最善を尽くします。

翌日、ローガンは近所に戻り、何人かの近所の人に何が起こったのか尋ねました。

  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

「ああ、ただただ恐ろしかった。火事が起きたのは、新しいエアコンの不具合が原因だった。火事は真夜中に起こったので、寝室の窓から煙が立ち込めるのを見るまで、誰も気がつかなかった。

男性、妻、3 歳の子供は全員、グレイソン病院で第 3 度熱傷の治療を受けています。」

「なるほど。また男の名前は?」

「バーカー。ブラッドリー・バーカー、妻のナタリー、娘のリリアン」

おなじみの名前は、ローガンの体全体に衝撃と熱の波を送りました.彼をはめ込み、彼の人生を破壊した少年は、今、彼自身が生きるために戦っていた.

ローガンは歩いて公園に戻り、肘掛け椅子を見つけて地面に蹴り倒した.何かが彼を内側から止めたとき、彼は自分のナイフでそれを刺そうとしていました.

公園の向こうから誰かの笑い声が聞こえた。妻の声にそっくりだった。

「彼女は私にこれをさせたくないでしょう。彼女は私に正しいことをしてほしいと思っていました。ああ、彼女はとても痛かったです!しかし、彼女はいつも正しかった。

ローガンは、元学生が病院のベッドに横たわり、体の一部が包帯で覆われているのを見たとき、深く気の毒に思いました。彼に対する怒りのようなものはなくなりました。

  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

ブラッドリーはもはや同じ少年ではありませんでした。彼はすべてを失うことを恐れた男でした。

「私はそこに行ったことがあります」とローガンは目に涙を浮かべて思い出した.

ブラッドリーは彼の古い先生を認識し、起き上がって彼に挨拶しようとしました。ローガンはブラッドリーの手を握り、ベッドに戻した。

「ごめんなさい。すべてのために。」

「シーッ。分かってるよ、息子。助けに来たんだ」

次の数週間、ローガンはブラッドリーと彼の家族を病院に毎日見舞いに行きました。彼らは順調に回復しており、リリアンはローガンとおしゃべりボックスの自分でいることをとても快適にしていました.

バーカー夫妻が帰宅した日、ブラッドリーは元教師を抱きしめ、子供のように泣きました。

  説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

説明のみを目的としています。出典:ゲッティイメージズ

「あなたの奥さんが病気だとは知りませんでした。本当に知りませんでした。私はあなたの人生を台無しにしました。代わりにあなたが私のために何をしたかを見てください。」

「あなたは何らかの形で傷ついていたので、私を傷つけました。今、私はあなたに癒してもらいたい.」

ブラッドリーの妻であるナタリーは、ローガンのしわくちゃの古い手を握り、「それなら、私たちと一緒に暮らさなければなりません。私たちの小さな女の子の先生になってください。私たちが癒されるのを手伝ってください」と言いました。

昔のチャーミングな笑顔で二人を抱きしめた。 '大丈夫。'

この話から何を学べるでしょうか。

  • 特にそれが難しい選択である場合は、正しいことをしてください。 ローガンは、それが彼にとって多くの問題を解決することを知っていたにもかかわらず、お金を保持しませんでした.
  • 彼らが病気になることを決して望まないでください。 他人を傷つけた人は、自分の中で傷ついている何かをすでに埋めようとしています。生徒に人生を台無しにされたにもかかわらず、ローガンは復讐を求めませんでした。代わりに、彼はできる限りの助けと親切を提供しました。
  • 親切にしてください、あなたは他の人が何を経験しているのか決して知りません. ブラッドリーは、ローガンをフレーミングすることが彼に立ち返る良い方法になると考えました.実際には、彼は愛するものすべてをローガンから剥ぎ取ってしまいました。

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくするかもしれません。

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです ゴミ捨て場で捨てられた車椅子を見つけた物乞いが、人生を好転させた老人に出会いました。

この作品は、読者の日常生活の物語に触発され、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれません。あなたのストーリーをシェアしたい場合は、 [email protected] .