心に強く訴えるストーリー

グループホームの退職した教師のボランティアは、かつて彼の孫娘のカーボンコピーに会いました – 今日の話

退職した教師がグループホームでボランティアをすることに決め、孫娘にそっくりな少女を見て驚いた。その後、彼は彼らの人生を永遠に変えるであろう長い間守られてきた秘密を発見します.

パトリックは生涯教師として働いていました。彼は10年以上前に妻と別居した後、小さなアパートに一人で住んでいました。



60 歳のとき、最近再会したばかりの娘と孫娘とより多くの時間を過ごすために引退を決意しました。彼らは何年も疎遠になっていたので、彼は失われた時間を埋め合わせたいと思った.

  説明のみを目的としています。 | |ソース: ペクセル

説明のみを目的としています。 | |ソース: ペクセル

家族と過ごせない日は、孤児院でボランティア活動をする。彼は子供が好きで、そこで無料の家庭教師サービスを提供することがよくありました。



ある日、彼は町の遠く離れた孤児院に行くことにした。孫娘のミンディにそっくりな少女がそこにいるのを見て、彼は驚いた。

好奇心から、パトリックはその少女と話をすることにしました。 「こんにちは」と彼は挨拶した。 「お嬢さん、おいくつですか?」

「私は6歳です。今日は数学を教えてくださるそうです。私は数学が大好きです」とかわいい女の子は答えました。



  説明のみを目的としています。 | |ソース: ペクセル

説明のみを目的としています。 | |ソース: ペクセル

パトリックは、ミンディが同い年だったので、女の子が6歳だと聞いて驚いた.彼らは同じ明るい茶色の髪、明るいヘーゼルナッツの茶色の目、そして色白の肌を持っていました.若い孤児とミンディを区別する唯一のものは、彼女の右目の横にある小さなほくろでした.

その日、パトリックは、アンディと自己紹介した少女と、同年代の他の 4 人の子供たちを指導しました。 「今日は素直な生徒でいてくれてありがとう、子供たち」

「ありがとう、パトリックさん! すぐに戻ってきますか?」子供の一人が尋ねました。 'とても楽しかったです!'別の人が声をかけました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

パトリックは微笑んでうなずいた。 「もちろん。戻ってきたい」と彼は言った。しかし、彼の考えは、アンディと、彼がいかにミンディに似ているかについてでした.彼は彼らの類似性についてもっと知りたいと決心したので、次回は娘を孤児院に連れて行くように誘った。

「近所にあるこの孤児院では、週末にもっとボランティアが必要です。一緒に来てくれませんか?」パトリックは娘に尋ねました。彼は、幼い子供を見たときの彼女からの本物の反応が欲しかったので、アンディについて彼女に話さないことに決めました.

「もちろん、お父さん。私は土曜日にあなたと一緒に行くことができます」彼の娘のリサは同意した.

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

その週末、彼らが孤児院に到着したとき、リサはすぐにアンディを見つけました。彼女は彼女を見るとすぐに泣き出し、建物から出て行った。

「リサ!」パトリックが声をかけた。 'どうしたの?'彼は尋ねた。 「あの子に会ったことある?」

リサはお父さんを見て、罪悪感を感じました。 「ごめんなさい、お父さん…私はあなたにずっと秘密を守ってきました。」

「どういう意味ですか?どんな秘密を守ってきたのですか?」孤児院の外にあるベンチの 1 つに座っていると、彼は尋ねました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

リサは、6歳年上の男性との関係のために、パトリックと数年間疎遠になっていたときのことを思い出しました。 「私が妊娠したとき、マクスウェルは私から離れて、私は一人で妊娠しました。私は双子を抱えていました」と彼女は説明した.

「双子が生まれて最初の 1 年間、私はお母さんに助けてもらいました。彼女は私たちを受け入れて、眠れぬ夜と疲れた日々を通して私を助けてくれました。それは、お母さんが病気になったのと同じ時期でした。 1歳になったとき、彼女は亡くなりました」とリサは明かした.

「お父さん、二人の子供を一人で育てられないことはわかっていました。アンディを孤児院に残すという苦渋の決断をしなければなりませんでした。アンディがまだここにいるとは思いませんでした。誰かが彼女を養子に迎えていると思っていました。彼女はとてもかわいい赤ちゃんでした」とリサはすすり泣き、父親に謝り続けました。

パトリックは黙ってそこに座った後、娘の肩に腕を置いて安心させました. 「あなたはその時に最善だと思ったことをしたのよ、恋人」と彼は彼女に言った. 「申し訳ありませんが、私はこのすべてを通してあなたを助けるためにそこにいませんでした。」

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

「あなたのお母さんと私が新しい親になったとき、私たちはほとんど何も持っていませんでした.私たちはおむつを買うのに十分なお金さえ持っていなかったので、再利用可能なガーゼを使用しました.どんなに小さくても」とパトリックは明かした。

「あなたが3歳になったとき、発達障害があることがわかりました。あなたは話すことができなかったので、医師はあなたを言語療法士に連れて行くように勧めました。私たちはそうしましたが、最終的にはそれも支払うことができなかったので、私は働きました.先生になるのは難しいので、自分で教えることができます」と彼は娘に言いました。

「私はこれについて何も知りませんでした」とリサは叫びました。 「私が娘をあきらめている間、あなたは私のためにできる限りのことをしてくれました!」

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

「遅すぎることはありません、恋人よ。アンディはまだあなたの娘であり、彼女はまだ家族を持つことができます」と彼は彼女に言いました. 「まだ4年しか経っていません。まだ十分な時間があります。無理だと感じたら、喜んでアンディを養子に迎えます。」

リサはしばらく立ち止まり、深く考え込んだ。それから彼女は頭をうなずき、お父さんに同意しました。 「あなたは正しい」と彼女は言った。 「まだ遅くないよ、お父さん。アンディを家に連れて帰りましょう。」

アンディと他の子供たちと一日を過ごした後、リサは感情を抑えきれませんでした。彼女は再び娘と一緒にいられることを強く感じました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

リサとパトリックは、アンディの養子縁組を完了するために必要なすべてのことを互いに助け合いました。アンディとミンディは、彼女を家に連れて帰ったとき、見た目がまったく同じであることに驚きました。 「あなたは私の双子の妹ですか?」ミンディはそう言って涙を流しながら両腕を開いてアンディを抱きしめた。

「私はいつも姉妹が欲しかった」とアンディは言った. 「私を家に連れてきてくれてありがとう」と彼女は泣いた。

毎日、リサとパトリックは手を取り合ってアンディとミンディを育てました。彼らは交代で料理をしたり、掃除をしたり、学校に連れて行ったりしました。パトリックはまた、2 人の孫娘が教育を大切にし、いつの日か夢を追えるように成長できるように、喜んで家庭教師をしました。

この話から何を学べるでしょうか。

  • やり直すのに遅すぎることはありません。 リサは、父親が孫に似た少女に出会うまで、一度養子縁組した娘に再び会えるとは思っていませんでした。彼らは少女を家に連れて帰り、過ちを償い、彼女により良い未来を与えることを望んだ.
  • あなたの人生にいるはずだった人々は、いつでも戻ってきます。 パトリックは、孤児を助けることへの彼の真の愛が、彼の秘密を明らかにし、彼の娘と彼女がかつてあきらめた子供とを結びつけることにつながるとは思いもしませんでした.

この話を友達と共有してください。それは彼らの一日を明るくし、彼らにインスピレーションを与えるかもしれません.

この物語を楽しんだなら、あなたは好きかもしれません これです ある日、捨てられた子供を養子にすることを決めた駅のアナウンサーが、元妻の指輪をポケットの中に見つけた.

この作品は、読者の日常生活からインスピレーションを得て、プロの作家によって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれない。ストーリーを共有したい場合は、[email protected] に送信してください。