ジョーク

毎日の冗談:男は宣教師から馬を借りて最寄りの町に行く

彼が宣教師から借りた馬との男の旅は、予期せぬねじれと、残念ながら陽気な結末につながりました。

砂漠を旅している男性が数日後に道に迷いました。彼は結局、数週間砂漠をさまよっていましたが、視界の助けがありませんでした。



空腹と喉の渇きで大破し、太陽が皮膚を過度に燃やしていると、男は終わりに近づいていた。希望を捨てようとしていたとき、彼は宣教師の家を見た。

A man pictured walking in a desert | Photo: Getty Images

砂漠を歩いている写真の男|写真砂漠を歩いている男写真:ゲッティイメージズ

男は内面の力に手を伸ばし、宣教師の玄関に向かって歩き回った。ヒープで倒れたとき、彼はほとんどノックを終えていませんでした。



宣教師は彼を連れて行き、彼を健康に戻しました。数日後、男の精神は戻り、彼はいつもの自分に戻りました。

Photo of a Priest Looking Away While Holding a Bible | Photo: Getty Images

聖書を押しながら離れている司祭の写真|写真:ゲッティイメージズ

彼が自分自身を100%感じたとき、男は宣教師に彼に最も近い町を指すように頼みました。指示を得た後、彼は大臣に彼の親切に感謝し、去るようになりました。



出かけるとき、彼は親切な男が馬小屋に馬を持っていることに気づき、借りることができるかどうか尋ねました。宣教師は彼に義務づけましたが、いくつかの重要な指示なしではありませんでした。

Photo of a man riding a horse | Photo: Getty Images

馬に乗った男の写真|写真馬に乗った男の写真写真:ゲッティイメージズ

彼は男に「ありがとう神」は馬を動かす言葉であり、「アーメン」はそれを止めさせると語った。その男はほとんど注意を払わなかったが、彼が理解したことを宣教師に保証した。

途中、男は「ありがとう」と言い、馬は歩き始めました。彼は言葉を2回繰り返し、それが腐敗し始めました。自信を持って男は数秒で数回言葉を繰り返し、馬は走り始めました。

Photo of a happy Priest waving | Photo: Getty Images

手を振っている幸せな司祭の写真|写真:ゲッティイメージズ

すぐに、男は崖に近づいていることに気づき、馬に「止まる」と叫んだ。動物は進み続け、崖の端まで4センチメートル、男は正しい言葉を思い出し、「アーメン」と叫びました。

馬が突然止まり、男はバランスを保とうとしました。彼がまだ生きているのを見て、彼は安堵のため息をつき、何も考えずに「神に感謝します」と言った。

Photo of a man riding a horse on sand against a clear sky | Photo: Getty Images

澄んだ空を背景に砂の上に馬に乗った男の写真|写真:ゲッティイメージズ

より興味深いジョークについては、クリックしてください ここに

ソース: Startsat60