ジョーク

デイリージョーク:杖を持った老婦人がバス停で若者を通り過ぎる

あざけるのは間違い!老婦人の記憶をあざけろうとした若い男性は、口を閉じたままにしておく方がよいことに苦痛にすぐに気づきました。

若い男がバスの駅に立って、バスの到着を待っていました。車が遅れてしばらく立っていて、気が遠くなり疲れてきました。

Photo of a senior woman crossing the road | Source: Shutterstock.com

道路を横断する年配の女性の写真|ソース:Shutterstock.com

時間を空けて何をすべきかを考えていて、彼が感じていた退屈さを取り除いたとき、彼は年上の女性が杖に寄りかかってバス停の方向に向かって歩いているのに気づきました。

若い男は口が動いていることに気づいたが、自分の言っていることは聞こえなかったが、近づくにつれて、彼はよりはっきりと彼女の声を聞いた。年上の女性は「今日は21、今日は21」と歌っていましたが、バス停に近づくにつれて声が大きくなりました。

年配の女性が若い男性から数フィート離れていたとき、彼はなぜ彼女が「今日21、今日21」と歌い続けたのか疑問に思い、彼女は今日が21歳の誕生日だと思ったと結論付けました。

そのような過ちに悩まされていた若い男性は、彼女を通り過ぎたときに年上の女性をまっすぐにすることに決めました。バスを待っている男のそばを女が通り過ぎたとき、彼は彼女を笑って叫んだ。

「あなたは21歳ではありません。おせっかいな老婦人です。」

Portrait of a Senior Woman Smiling | Source: Shutterstock.com

笑顔の年配の女性の肖像|写真ソース:Shutterstock.com

若い男の不親切な言葉を聞いて、年配の女性は途中で立ち止まり、少しの間若い男を見つめ、それから彼女は若い男に衝撃を与える力で杖を持ち上げ、彼の頭を強打しました。

若い男は目をくらまして地面に倒れ、何が起こったのかを完全に理解する前に、年配の女性は杖に寄りかかり、「今日22、今日22」と歌って立ち去りました。

高齢者に関するもっと面白いジョークを読む ここに。

ソース: Startsat60